2010年2月8日月曜日

もやしもんの作者・石川雅之の新刊・純潔のマリアを読んだ

いやーいいですね。
英仏百年戦争。
ラ・ピュセルの焚刑後なので百年戦争も終盤と言うところでしょうか。
13世紀だけど、主人公の魔女マリア、使い魔のアルテミス、プリアポスはバリバリのボンテージです。
かなり作者の趣味が入っていること間違いなし。
もやしもんでも院生のハセガワが白衣の下にボンテージ衣装と言うありえないスタイルで出てきますし。
 英仏両軍の軍勢の描写もものすごい書き込みです。当時はお仕着せの装備もほとんどなく、兵士が個人で軍装を整えるため鎧や武具もまちまちですが、きっちり書かれています。
もやしもんの巻末おまけ漫画では室町時代に起きた、文安の麹騒動に触れていますが室町様式の鎧まできっちり書かれています。
軍事マニアでもあるんですかね。しかしよく文安の麹騒動なんて事件知ってるなあ。

主人公のマリアは聖母の名を持ちながら教会から追われる本物の魔女。
その魔術で使い魔を使役して戦場を混乱させたり、異端審問で有罪とされた「偽物の魔女」たちを開放したりと奔放に振舞っていますが、あまりに暴れすぎたために天上の教会より大天使・ミカエルが差遣されてしまいます。
 マリアは醜い争いをとめるべく魔術を駆使してきたつもりが、ミカエルには
「それが人の営みであり、人の世の理を壊す魔女の存在を許しておく訳にはいかない」
と神による救済とマリアの目指していた世界をあっさり否定されてしまいます。
ミカエルの手により、いままさに断罪されようとした瞬間にかつてマリアの手にキスをして戦場へと戻っていった通信兵の青年(まだ名前は未登場)とマリアを慕う村娘のアンが止めに入り、通信兵の青年はマリアの敵が大天使ミカエルと知っても弓を引こうとします。
その願いが通じたのか天上より裁定が下り、マリアへの断罪は沙汰止みとなりますが、代わりにマリアの魔術には天上の教会より制限がつけられることとなりました。
衆人の目前で大魔術を駆使することの制限と、純潔を失った場合に魔力を奪うというものです。
ミカエルは監視役に普段は鳩の姿をとるエゼキエルを置いて天上へと戻っていったところで1巻は終了です。己の幸福と世界の幸福を天秤にかけさせられたマリアはどうなるのか。

これは2巻に期待せざるを得ませんが、2年くらい後になるんですかね。

0 件のコメント: