2007年6月26日火曜日

トラックボール

自宅で、トラックボールを使用しています。もともとはマイクロソフトのトラックボールエクスプローラを使っていたのですが、生産完了となってしまい入手できなくなってから、コネクタの接触が悪くなってきたため次なるトラックボールをケンジントンに決めました。デフォルトでは写真での左下ボタン(灰色の部分がボタンです)が左クリック、右下が右クリック、左上がブラウザの「戻る」、右上が「進む」です。スクロールはボールの周りについてるリングを回転させます。付属ソフトで回転方向を好きなスクロール方向に対応させることができます。仕事でPC・マウスを使っている人にお勧めしたいです。なぜなら、省スペースで、物理的な移動量が少ないため腱鞘炎になりにくいことが利点として挙げられます。カーソルの移動は本体を動かすのではなくボールの転がしになりますので。もう、楽チンですよ!付属のドライバーではボタンの割付が自由にできるので、僕はさらに左上・右上同時クリックで音量アップ、左下・右下同時押しで音量ダウンを割り当ててます。しかし、ポインティングデバイスとして市場に出回っているのは圧倒的にマウスですが、なぜトラックボールは売れないのでしょう・・・。

0 件のコメント: