2007年8月22日水曜日

SDHCカードラインナップに32GB登場(東芝)

製品ページはこちら。

来ました。ついに32GBまで来ましたよ。東芝はメモリ生産で近頃大規模に投資してるようですので、
打倒サムスンは本気みたいですね。SDカードかぁ。そんなにデジカメ撮る奴いるかな。
容量の心配せずに済む保険の意味もあるかな。僕のW-ZERO3esはminiSDで認識は2GBまでなんで直接の恩恵はないですけど。時代はminiSDをすっ飛ばしてmicroSDですしね。microSDのほうも8GBですって。ここまで来たんなら近い将来、非回転型のメモリHDDが出るでしょうね。ここまで時代が下がるとこんな予想は安易ですけど。物理的な動作がなくなれば、寿命は飛躍的に延びるはずです。省電力にも貢献するでしょうから、適度な価格で発売された場合にはモバイル用途での需要が急速に立ち上がると思います。ウィルコム+シャープのW-ZERO3シリーズとか地下鉄や店舗の無線LANサービスでスマートフォンの流れが日本にも定着しつつありますから、事務所レスな営業マンも増えるんじゃないですか?そうなると都心のオフィス賃貸市場にも影響が出てくるのでは。
そうすると、備品・消耗品の王様、文具も市場は縮小ですかね。ペーパーレスなどはすでに具体的に削減目標を定める定番でもありますし。日立グループだったかな?給与明細がPDFになってしまって、必要な人はDLしてくれとなって、銀行振り込みで地に落ちた父親の威厳が、風に吹かれる木の葉のように飛んでいったと嘆いていた知人がおりましたよ。「今月はこれでやりくりしなさい」とずっしり給料袋を渡す父親は格好よかったんです。風が吹けば桶屋が儲かるみたいな妄想ですけど。

0 件のコメント: