2007年9月28日金曜日

中朝戦争

CNNのニュースでロシアも北朝鮮へ5万トンの重油支援へ、今年11月にというものがありました。これを見て最近、アカシックレコードという、状況証拠や周辺情報などから総合的な判断で大胆な仮説を展開しているサイトでの特集を連想しました。ここに拠ると、中国がこののまま発展すると環境問題や石油などの地下資源の問題、周辺国への中国人流入などで先進国との対立が深まり、現在ミサイルや核で対立が表面化しつつある北朝鮮をアメリカが支援し中国との開戦に踏み切らせ、中国が発展し切る前に複数の国家に分裂させる計画が準備されているということです。日本の安倍内閣はこれに反対したがために、CIAなどが握っている事務所経費などの金銭スキャンダルや年金不祥事のリーク、米下院での慰安婦決議で倒閣に追い込まれ中朝戦争賛成派の福田氏に交代させられたとの立場を取っています。小泉内閣成立や日韓ワールドカップでの韓国快進撃(?)、インドネシアのスハルト政権崩壊などを的中させており僕もメルマガを購読しています。そんな訳ねーだろ、と思いつつももしかして的中するかな、とも思わせる内容でとても興味深く、半分、いや7割がたわくわくしながら読んでいます。中朝戦争・・・北朝鮮の現在最大の支援国は中国でもあるので、こんなドラマチックな展開があるんでしょうか。戦争を期待していると言ってしまうと不謹慎ですが、こんなセンセーショナルな予言が当たるのか気になってしまいます。最近の論調では開戦反対派の安倍内閣も交代させ、中国でも空軍基地の建設を前倒しして電子戦機を配備するなど情報収集に余念がなく、アメリカも北朝鮮に原子力に代わるエネルギー支援を検討するなど水面下でのつばぜり合いが激しくなってきていて、早ければ次の春ごろまでには開戦するかもしれないと見ています。最近はロシアもシベリアなどで中国人の越境による不法移民で人口バランスが崩れつつあり危機感を募らせているとの報道もありました。本当にどうなるんでしょうね。

0 件のコメント: