2007年12月28日金曜日

エジプト政府、「ピラミッド」の著作権を主張へ(Techno bahn)

ソースはこちら

んな、アホな(笑)。これがトバシ記事じゃなければエジプト政府は何を考えてるんですかね。
別にあんたらが作ったものじゃないですやん。昔住んでた人たちが作ったものですから著作権があったとしても5000年位前に切れてるだろうし、しかもどっかの調査隊が砂漠に埋もれてたのを大々的に掘り返したんじゃありませんでしたっけ?うろ覚えですけど。それに、著作権というより、意匠登録のほうじゃないんですか?そんなの出来るんなら、日本もゴム草履の著作権とか主張したほうがいいですよ?韓国が漢字はもともと「韓字」で、われわれが起源とか言いだして中国にマジギレされてるのと同レベルですな。あんまり妄想癖がひどいようなら、統合失調症の疑いもありますんで早めに精神科の受診をお勧めします。今は薬で治りますよ?

ところでピラミッドの建設というと、現場監督が人々に鞭を振るって無理やり過酷な労働を強要しているような光景を連想してしまいますが、当事の出勤簿のようなものが発見されたとかニュースで見た覚えがあります。確か二日酔いで欠勤とか細かく書かれていて、強制労働なら二日酔いでの欠勤はありえないとかで乾季に仕事がなくなってしまった農民たちへの公共事業的な性格が強いとかそんな結論だった気がします。だとするとこれも「資本家に搾取される労働者」的なマル経的プロパガンダにあてられていたのかもしれません。江戸期の日本も、築道や開墾、治水事業で集められた労働者たちには低額ながら日当が支払われており、お代官様が無理やり農民たちをこき使ってたというイメージはカタルシスを目的としたテレビ時代劇の影響のようです。

0 件のコメント: