2008年12月9日火曜日

AKG K324P購入

先週、愛用していた3代目SHURE E2C(いまはこれにモデルチェンジしたみたい。)のコードの皮膜が破けて芯線が露出してしまいました。SHUREはコードがチープすぎですよ。ホントに。1年持たないもんなあ。
そこで、今も家でK55、K26Pとバリバリ鳴らしてるAKGのカナル型に触手を伸ばしました。


これは、期待を裏切りません。
しかし怪しい通販はその限りではないようです。
K324Pでググると、偽物もだいぶ流通してるようなので、変なところはやめたほうがよいと思われます。

巷でのAKGの評価は高音がすばらしいというレビューをよく見かけるのですが、僕は低音部のほうこそすばらしい鳴り方をすると思ってます。こもらずスッキリとしていながら迫力のある重低音が響いてきます。音の分解能もE2Cよりよいと思います。E2Cではなんか頭の中で鳴っていたような音が、ちゃんと周りから聞こえてきます。カナル型はE2Cだけだったのでそういうもんかと思ってましたが、認識が変わりました。
いまは純正のイヤーピースが勿体無いので、E2Cの余りのソフト・フレックス・イヤパッドを無理やりぶっ刺してます。内径がぜんぜん違うんですががんばれば大丈夫。
これを書いてる現在、amazonでは10,380円となってますがサウンドハウスさんで5,400円となってます。直輸入だから円高とかの恩恵なんですかね。まあヘッドホン好きな人はだまされたと思ってAKG、一度チャレンジしてみてください。特にi-Podで付属のインイヤー型をそのまま使ってるような人はヨドの店頭にでも行って、まず試してみて欲しいですね。目からうろこ、耳から耳垢です。

0 件のコメント: