2007年9月2日日曜日

ATMOS

前の投稿で温度差を利用して動力を取り出すスターリングエンジンに触れましたが、ジャガールクルトというメーカー(高級時計ブランドでもあります)で大気の気圧差を利用してぜんまいを巻き上げるATMOSという置時計があります。
天気予報で「台風の勢力は980ヘクトパスカル・・・」とかいってる、アレです。1気圧で1000ヘクトパスカルでいいんでしたかね?昔はミリバールとか言ってましたが、SI単位系統一で呼称が変更されました。
電池不要で、勝手に動いていてくれるなんて、とってもエコロジーです。しかし、ネックは正確さでしょうか。根っからの機械時計ですから、ひどいと1日±30秒くらいずれます。機械式の腕時計が好きでいくつか持ってますが、修理に出す前のCartierは、月曜日に時間を合わせたのに金曜日には5分くらい進んでるという楽しい仕上がりになってました。ムーブメントの調整を、と思って修理に出したらムーブメント丸ごと交換で帰ってきて、再会した綾波レイに「私は3人目だから・・・」とか言われたような気分になりました。見た目は変わらないし、何より正確に時を刻むようになったのに、中身は新品。出来れば調整で済ませて欲しかったんですけど・・・。

0 件のコメント: