2007年10月10日水曜日

イスラエルによるシリア空爆:防空システムをハッキングか(wired vision)

原文はこちら
9月6日に、イスラエル空軍がシリアを秘密裏に空爆していた模様です。
前段階としてイスラエル軍によりシリア軍の防空システムがハッキングで無効化されていたようです。
防空システムなんてもんは通常、公衆回線での運用などしていないと思いますけど、ハッキングされちゃうんですね。UTPケーブルの皮膜も突き破るようなトラックの違法無線並みの強烈な電波で干渉したりするんですかね?管理者を偽装してうんぬんとも書いてますし、日本もバッジシステム(が現行でしたっけ?)のセキュリティの見直ししてもらいたいですね。中国は否定してますが、イギリスやドイツの国防システムが人民解放軍のサイバー攻撃の被害にあってるなんて報道もありましたし。お隣にも何かというとF5アタック(笑)をかけてくる酔狂な人たちもいるようですしねえ。
日本も侵攻してきた敵国の命令・制御系等の破壊・撹乱を目的とした第4の自衛隊を作るべきです!

陸上、海上があるんで、網上自衛隊とか?なんか蜘蛛っぽいし弱そうだな・・・。
名前は充分検討の余地がありますね。自衛隊の「隊」も何とかして欲しいよね。「シブがき隊」とか「少年隊」とか、少人数のイメージがあって工場内の消防隊みたいな、人数少なそうなイメージなんだよね。何万人も構成員のいる組織ではちょっとなあ。じゃあ、組?



「5年3組魔法組」「男闘呼組」「ハイスクール!奇面組」「後ろ指差され組」・・・古いッ!古過ぎるぞ、俺!


・・・えー、十二分に脱線しました。

イスラエルは周囲が全部敵国で、敵がいないところは海だけという、万年背水の陣だからか大人気ないことも平気でしますね。この事件で真っ先に思い出したのは20年位前にイスラエル軍がイラクのオシラク原発を脅威とみなして、これを空爆で破壊したオペレーション・バビロンです。年がばれるね。イスラエル南部の空軍基地を出発したF-16と護衛のF-15が途中のサウジアラビアの防空システムを突破して、工作員がマーカーを設置していたとかいわれてますが原発施設を爆弾で破壊することに成功。たしか、落合信彦の小説で読んだのが最初です。「『情報』の英訳はinformationじゃない!intelligenceだっ!」と口角泡を飛ばしている姿を思い出してしまいます。

0 件のコメント: