2008年4月3日木曜日

大食い王のジャイアント白田がうどん専門店をオープン、なんと「並」で16玉分(GIGAZINE)

ソースはこちら

讃岐うどんの店で2玉食って満腹なのに、並が16玉って・・・。
と、思ったら「並1/16」、「並1/8」なんて通常の1玉、2玉あるじゃないですか。

ところで、世界には貧しくて2日にいっぺんしか食事が取れないとかいう人のほうが多いので、面白半分でこういうの頼んでリタイヤなんていうのは感心できませんね。僕は食べ物を残すと親にぶん殴られる家庭で育ったので、頼んだものを残すことにいまでも罪悪感を感じます。円の力で世界中の食材を集めて、食べきれないものを惜しげもなく生ごみとして捨てています。
司馬遼太郎の「箱根の坂」という作品で、飢饉の続く畿内で都に住まう武士・大名が餓死者のむくろが打ち捨てられていく傍らで日夜宴席を設け、酒食に悪酔いし道端に反吐を吐いているという描写があり印象に強く残っています。世界の富の8割は上位の2割が所有している、というような記事をどこかで見かけましたが僕は現代日本に生まれただけでも幸せなのかもしれないです。平等って何なんでしょうね。

0 件のコメント: